空撮も時代と共に変化

main-img

空撮は、主に飛行機やヘリコプター等から撮影することを言います。


テレビなどの報道でよく使われていますがそれ以外でも、映画の撮影などにも使われています。

その撮影の仕方ですが、以前はカメラマンが航空機内でカメラを肩に担ぎそのまま身を乗り出して撮影していました。

しかし、この撮影では機体からの振動が激しく撮影映像にその振動が出やすいですし、その後も簡易防振装置を設置して撮影を行なったりしていましたが、あまり効果が出ませんでした。

しまし、今ではマルチコプター、つまりドローンを用いての空撮が増えてきています。

空撮情報を豊富に提供しています。

これなら人が撮影するのとは違い、危険も無く、ぶれることも少なくとても便利です。



また、本来ならば撮影ができないような低空飛行もドローンの場合は可能になりました。

火山や洪水、自然災害、または紛争地域といった危険地域も撮影が可能ですし、人命救助のときなどヘリコプターなら飛行ができないようなところでも、ドローンなら空撮が可能です。



したがって、最近では、このドローンを利用して空撮を行うことがとても役に立っており、主流になりつつあります。ただ、たびたび報道でもありますように扱い方一つによっては墜落する危険性があり、人に当たったりなどする被害も出てきますので、このドローンばかりに頼って撮影を行うのも考えていかなければいけません。ただ確かに便利な機械ですので、これからますます細かい操作も可能となり、普通なら撮影できないところもこれならば、簡単に撮影が可能ですので、いままでに見たことない空撮ができるものと考えます。

難しくないヘリ

subpage01

空撮をドローンで行えるようになったことで、様々なシーンで活用することができるようになっています。学校行事やイベントの記録だけでなく、結婚式で流すための映像の撮影も空撮を使って印象的に作り上げることができます。...

more

ヘリのコツ

subpage02

ドローンが世界中で普及すると、一般の人からお金をもらってドローンで空撮を行うサービスが登場するようになりました。日本にもこの空撮サービスを行う業者がいくつもありますが、いったいどのような流れで撮影がすすんでいくのでしょうか。...

more

身に付けたい知識

subpage03

小型の航空機にカメラを取り付けての空撮は、ヘリコプターでは接近しにくい空域から対象物を撮影したい場合や、人間が足を踏み入れにくい地の様子を見たい場合に便利です。しかし、実際に操縦して空撮を行う際には注意しなければならないことがいくつもあります。...

more

驚く情報

subpage04

近年、ドローンと呼ばれる無人の小型飛行機が、人間が自身の足で入っていくのが困難な場所の撮影や、地震などの被災地の空撮など、様々な場で活躍しています。しかし、その一方で操作ミスや無茶な飛行などが原因による事故もよく起きており、2015年には祭りで大勢の人が集まっている中に落下する事故や、総理大臣官邸に不時着する事件が起きました。...

more